ハイキングクラブELF

近畿を中心に活動する社会人のハイキングクラブELFの活動記録です

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-31-Sun-11-21

ぽんぽん山

3月24日(日)曇り
(花粉の飛び交う中の山行でしたが、街より楽でした。)

参加者 5名

善峰寺⇒釈迦岳⇒ポンポン山⇒リョウブの丘
⇒森の案内所⇒小塩山⇒南春日バス停(天皇陵道経由)

朝8:35、JR向日町からバスに乗り込み、善峰寺で下車する。
まずは釈迦岳に向かうが登り口が分からない。
あたふたしながら、バス停から500m程歩いたところ(ヘアピンカーブ)に登り口を発見。
そこから登っていく。


631mの釈迦岳まで1時間ぐらい登り、そこから30分程でポンポン山山頂に到着。
ポンポン山山頂からは360度の眺望があり、沢山の人が休憩しておられました。


ポンポン山の標高は678.9mと語呂がよいですね。
IMG_1656_2.jpg

今日のメンバーの内4名が初めてのポンポン山。
お約束で跳びはねてみましたが、ポンポンいっているのでしょうか???
IMG_1656.jpg
IMG_1654.jpg


ポンポン山山頂からは、大原野森林公園へ。
リョウブの丘にて食事後、森の案内所に到着(きれいなトイレもあり少し休憩)。

森の案内所からは、地図には載っていない小塩山山頂への尾根道があったので、
慎重に読図しながらそちらを登る。

頂上には淳和天皇陵があり、現在も宮内庁が管理している模様。
そこから、40分ほどで (天皇陵道経由) 南春日バス停に下山(15:30頃)。

今回の山行の主目的の福寿草もしっかり楽しめました。
(少し時期遅れで花びらが開き過ぎかな)
IMG_1660.jpg


ポンポン山は大阪の都市部から比較的近くにあるにも関わらず、とても静かで良い山だと思いました。
また、読図の練習にも良いコースだと思いました。

by はし
2013-02-21-Thu-15-51

三峰山(みうねやま)

2月17日(日)曇り
参加者 5名

みつえ青少年旅行村~登尾~山頂
~八丁平~新道峠~みつえ青少年旅行村

ねらったように冷え込んだこの日。
ぬくぬくと車で登山口へ。
駐車場にも積雪。

歩きはじめて一歩も土を踏むことなく、ずっと雪の上。
パフパフ、サクサクした雪。
トイレのある休憩小屋のところでアイゼン装着。

階段も少なく緩やかな勾配の道を、
でも途切れることなく延々登る。
人は多いけど渋滞というほどでもない。

樹林帯を抜けると一気に霧氷の世界。


こんな景色のなかで


幹につく霧氷が「雪の宿みたい♪」という言葉に


空腹も手伝って、どれもおいしそうに見えてきます。

各々写真を撮りながら、山頂へ。


真ん中のが倶留尊山、
小さく見える白いところは曽爾高原。


反対側で風を避けて昼食。


デザートに”ロールケーキのラスク”登場。
卵がきいたやさしい甘さで、おいしい!と皆でパクパク。

少し下って八丁平。
初登頂の私には大感激の景色。


真ん中にある道標。右が今きた山頂方向。


そのまま左へ行きたくなるけど
この道標の向こう側、↑人が写っているほうが下山コース。

ここもじっくり撮影したいけど、風が半端なく冷たい。
早々に下山開始。

こちらの道もフカフカ・パフパフの雪たっぷりで、
凍っていたら要注意の林道にもしっかり雪があって
登山口のすぐそばまでアイゼンをつけたままでした。

みつえ青少年旅行村の「霧氷まつり」物産展で
おみやげを買って、かるく整理体操。

今回はこのうえない霧氷っぷり、お天気もまずまずで
とてもよかったです。
(欲を言えば青空も見たかった)

Mくん、運転&ラスクありがとう!
車中のBGMも盛り上がっておもしろかったです。

※写真提供:Kさん

                 (さ)
2013-01-27-Sun-20-14

竜王岳読図山行

読図の練習をする為に京都竜王岳に行きました。

淀屋橋8時30分発の京阪特急、出町柳乗り換え、叡山電鉄貴船口駅より出発です。大阪から京阪を利用していく場合は貴船・鞍馬1DAYチケットを利用するとお得です。

10:20出発でコンパスの使い方を確認して車道を歩いて登山口へ。
石碑が目印でその向こうが登山口ですが、すごく解りにくいです。
地形図では竜王岳の前にピークがあるように見えますが、それらしい物は見当たらないまま、竜王岳のピークに。12:14
軽く昼食をとり、そこから下って薬王坂と交わる地点で13:10
そこから鞍馬駅へ下山、下山口13:31。

普段地形図を利用してきちんと読図をしない事が多くなっていたので、これからはコースが解りやすい道でも、地形図とコンパスで位置確認して読図しながら歩きたいと思います。

ここから鞍馬寺の方へ観光コースです。
仁王門から入り、鞍馬寺金堂14:15パワースポットです。
日が照っていましたがアラレが降ってきて、金堂の屋根の上を転がってました。
木の根道を経て、下り坂を経て貴船神社に降ります。15:30

水占いをして貴船口駅へ帰ります。

叡山電鉄貴船口駅14:06発の電車に乗り、出町柳で下車。スペイン料理のバルが早い時間から開いててお酒が飲めるので反省会をして帰りました。

写真は鞍馬寺金堂から竜王岳を望んだものです。ちょっと左が比叡山。



2012-12-19-Wed-21-19

滝畑光滝寺キャンプ場



納山祭、滝畑光滝寺キャンプ場にてトマト鍋にチャンチャン焼きにチーズフォンデュ。
寒かったけれどお腹一杯楽しみました。
寒いと思ったら翌朝雪が。
南葛城山に登る予定がやめて帰りました~。
今年は怪我無く山を楽しめて良かったです。
来年はどんな山行が出来るでしょうか。

(か)
2012-12-10-Mon-11-55

箕面大滝~勝尾寺

11月25日(日)晴れ

箕面駅~箕面大滝~こもれびの森~ビジターセンター
~東海自然歩道~最勝ヶ峰~勝尾寺~旧参道~外院バス停

担当者が「行ってみたい」という理由で、
紅葉ピークの箕面の滝へ。
当日は早朝だったこともあり、思ったほど混雑していませんでした。

滝までは舗装されたゆるい坂を登っていきます。
途中、最近はあまり見かけないと聞く”おサル”出現!
10匹以上が木から木へピョンピョン・・・というより、
どっこいしょ、こらしょ、という感じで頭上を横断していきました。

箕面大滝

大滝周辺の店では鹿肉入りの『鹿バーガー』が売られていました。
その横にある団子に後ろ髪ひかれながら、さらに登ります。

上からみる滝と、つながる斜面の紅葉は素晴らしく
名所といわれることに納得。

駐車場の手前で道路を渡ると”こもれびの森”。
静かな森を歩き、展望台で大阪の街を見渡します。
「あべのハルカス」が目をひきました。

東海自然歩道にはいってキュッと登ると最勝ヶ峰。
山頂は開成皇子の墓となっていて、中には入れません。
手前に展望台らしい場所もありましたが、
木々に遮られ眺めはなし。

少し下ると勝尾寺の裏手に入ります。
ここも見事な紅葉です。


二階堂付近で昼食をとり、境内を散策しながら本堂へ。


勝尾寺は西国三十三箇所の二十三番札所にあたります。
おみやげ物屋とレストランも併設されていました。
入り口では橋の下からスモークで演出。


バス停までの旧参道は思ったより歩きごたえがありましたが、
整備された良い道でした。
家族連れなどたくさんの人が登ってきていました。

紅葉の赤と黄色と、緑と、空の青。
心洗われる一日でした。
ありがとうございました。



(さ)

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。