ハイキングクラブELF

近畿を中心に活動する社会人のハイキングクラブELFの活動記録です

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-30-Mon-19-16

北八(白駒池~周遊)

7月15日(日) 雨時々曇

コース:
白駒池駐車場(8:30)~青苔荘~中山~中山峠~黒百合ヒュッテ
~中山峠~ニュウ~白駒池~青苔荘(17:30)~白駒池駐車場

8月の天狗岳登山の下見です。
夏道および周辺施設の偵察かたがた行ってきました。

駐車場から徒歩15分の青苔荘のテン場へは、
前日の夕刻に到着。
親子連れなどキャンプを楽しむ人でけっこうな賑わい。

夜中にテントごと飛ばされるのでは?くらいに吹いた風は
おさまったものの、明るくなっても雨がやむ気配はなし。

まあでも今日は楽々周遊コースだし。
登山道も見ておかなきゃね、と
ほぼ雨が上がったタイミングでテントを片付け、
いったん駐車場まで荷物を置きに戻ったのち
改めて出発。



白駒荘近くから、白駒池。


シラビソなどのうっそうとした木々、苔、霧。
『もののけ姫』の『こだま』がいそうな雰囲気。


写真は、少し明るい場所。
左側のぬかるみっぽいのが登山道。

道に傾斜がついてきたと思ったら、岩ゴロになり。

案外滑らないけれど、気をつかう。

そしてやっぱり雨。
ザーッと降られて高見石小屋に逃げ込み、長い休憩。
この小屋はとても清潔で食事もおいしい。
小一時間ほどゆっくりして気合を入れなおす。

その後もずっと降ったりやんだりで、
見晴らし台からも展望はチラっとだけ。


黒百合ヒュッテでは天狗岳までの道についてうかがう。
じっとしていると寒いくらい。

ここで泊まって明日降りるということも考えたが
翌日の天気予報もさしてよくないし、
行程の遅れは出発を遅らせたり雨宿りした分とわかり、
下山を決める。(13:30)

小屋の前からは天狗岳への直登コースが見える。


中山峠あたりの尾根道は強風で
帽子を飛ばされそうになる。寒い。

樹林に入り、やれやれ…と思ったのもつかの間、
ニュウのあたりから今度は
”大きな岩と木の根のハーモニーで、じつに楽しい道”
(byすれ違った女子チーム)。

カッパ着用のおかげで躊躇なく岩にお尻をついたり
木や根につかまったりしながら、
足をすべらせないよう、ひっかけないよう注意して
どっこらしょと降りていく。

近郊の山や北アルプスの整備された登山道とは全然違う、
自然の森にお邪魔している、という感じ。

分岐にある道標は分かりやすいけれど、
はっきり”道”というものではない
歩こうと思えばそこらじゅう歩けてしまうところが多いので
木にまかれたテープを確認していないと迷いそう。

こちらも平らなところはドロドロ。
どろんこの上に丸太橋風に並べられた木はあっても、
みんなそれを避けて迂回するので、あっちこっちに踏みあとが。
私たちもうっかり黄色い作業用(?)テープを追ってしまい、
ピンクのテープ(登山道)から離れてしまったり。

なんとか白駒池まで戻って、
すれ違う人たちが口々に「滑ってこわかったー」と
話していた木道に。


はじめのほうこそ乾いていた木道も、
また森へ入ると案の定濡れてる…し
傾いてるしガタついてるしコケはえてるし(!)


白駒湿原では雨でしょぼくれたワタスゲがちらほら。

まだまだ木道。
ワーとかギャーとか滑りながらもヨチヨチ歩き、
いいかげんウンザリした頃
ようやく青苔荘のテン場に到着。

ともあれ、誰も一転びもせず風邪をひくこともなく。
普段の自分ならまず決行しない天候のもと、
予想外の歩行訓練を終えました。


<補足>
1、天気が良ければ富士山・北アルプスの展望が望める(らしい)。

2、夏になれば、それほどぬかるんではない(らしい)。
  ※この翌々日が梅雨明けでした※

3、ニュウから白駒池に着いたところで、
  時計周りに進めば木道を通らずにすむ。(下図、赤矢印)




(さ)


2012-05-09-Wed-11-07

六甲山

5月6日(日)雨→晴れ

登山三回目の友人を誘って行ってきました。
雨の中登るよりは、と
バスで移動しガーデンテラスで天候の回復を待って、
ロックガーデンを下る作戦に。

ガーデンテラスでソフトクリーム食べる予定が、
風が強くて寒くて、冷たいものなんてとんでもない状態。
土産屋をひやかしたりしているうちに雨も上がり、
ゴロゴロと雷鳴を聞きながら一軒茶屋まで車道を歩く。

六甲山頂の広場にはたくさんの人。
さっきの雷のなか登ってきた人が、
ずぶ濡れのカッパや服を乾かしていたり。
山の会MontereyのNちゃんにもバッタリ。

遅いお昼ご飯のあと、いよいよ山道へ。
友人たちには余分にスリルを味あわせてしまったりしながらも、
私自身はじめてのロックガーデンからの下山。

この頃には青空が広がり、
海も見渡せ、気持ちの良い山下りとなりました。



雨上がりの新緑はまぶしくて、
噂どおりおしゃれな山ガール&ボーイも多く、
思ったよりいろいろ満喫できました。

(さ)
2012-04-30-Mon-22-48

鍋蓋・菊水・高取山

4月28日(土)
元町駅~大師道~再度山~鍋蓋山~菊水山~高取山~妙法寺
9時スタート3時半下山 大休止なしだったので行動時間約6時間ぐらいかと。
山つつじは咲きはじめ、桜は散り終わり、山吹が満開。
縦走ルートの逆だからか私のスキルのなさのためか
コースがわかりにくいところが何か所かありました。
(特に菊水山~高取山の間の町中)
大師道はずっと川沿いで木陰が続くので快適でした。
非常に暑くて水2.5リットル消費しました。
(な)
2012-04-30-Mon-15-03

比婆山・吾妻山


4/29吾妻国民休暇村付近を散策。途中ネコノメソウ、ひょうたん池では水芭蕉を発見!

国民休暇村キャンプ場は静かな良い所で樹木がとても綺麗で桜も咲いていました
コテージを利用しての宿泊も良さそうです
(あ)


2012-03-26-Mon-00-07

上高地スノーシュー

CIMG42501.jpg

土日で徳沢1泊スノーシューに行きました。
有志・・・というかおひとり様でツアー参加です。

初日、沢渡温泉は雨、トンネル抜けたら雪。
展望はまるでなし。
風はあんまり冷たくないけど雪がしんしん。
ときどき雪崩あとなど教えてもらいながら
とりあえずひたすら歩き続ける感じ。

徳沢の冬季小屋はとても快適でした。
お布団は清潔で乾いてて部屋も広い。
まきストーブが暖かい。
夜は野菜サラダとすき焼き。ご飯なし。
なるほどタンパク質があればデンプンはなくていいのか~。
関東のすき焼きは麩を入れないそうです。

日曜、引き続き雪。
朝は温野菜サラダと雑炊。
地吹雪で視界真っ白。風が強くて川原は寒い寒い。
完全に真冬の天候なんじゃないのかなこれ。
まったく展望なし。
凍った滝を見に行ったり、夏は近づけない池の近くまで行ったり
遊歩道からはずれた大木を見に行ったり。
楽しいけど、寒い!
樹林帯に入ると風の強さが全然違って
自然は偉大だなあと思いました。

アルミの水筒は口が凍ってあけられなかったし
テルモスのお湯もどんどん温度が下がる。
目薬も凍った。
はずした手袋も内ポケットにいれとかないとどんどん冷える。
ソイジョイもカチカチ。

とにかく寒かった。
でもパウダースノーで歩くのはとても気持ちよかった
まあ、ああいうのもありかな、という感じ。
人が少ないのもいいし、ガイドさんの説明もよかったし、
明神池や大正池のケショウヤナギとかきれいだった。
水墨画か東山魁夷の世界のよう。

でも次回は穂高連峰が見たいです!!!!
ニリンソウが咲くころにまた徳澤に行きたいな~。

N

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。