ハイキングクラブELF

近畿を中心に活動する社会人のハイキングクラブELFの活動記録です

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-28-Tue-23-14

滝畑千石谷

8月26日(土)
滝畑駐車場~千石谷分岐入口~大滝~林道下山~駐車場

沢登り前にセミナーをリタイアしていたため
●年来の念願の沢登り体験をさせていただきました♪

駐車場で用意をしていたら、通りがかり?のおじさんが
茂みにマムシがいるよ!と教えてくれました。
今はヘビの季節なのだそうです。歩き始めてからも、川の中にヘビがいました。



最初はすごく冷たかったのですが、少し歩くとすぐに慣れました。
しばらく岩の上や浅い水の中を歩き、ちょっと深いところで
前を行くT波さんは横の岩をトラバースして向こう側へ渡りきったのですが、
私は数歩も行かずドボンと。あわあわと焦りましたが、
ザックが浮くし足もぎりぎり届くぐらいで、普通に泳げました。



で、次の難関は、ゆる~い滝の横の岩をよじ登るのですが、
途中まで行ってみたものの、
岩が滑りそうだし結構水の勢いがあって怖いしで動けず、
ロープを出してもらいました。



途中までは自然の沢という感じですが
今年のセミナー生が引き返したトンネルのあたりから向こうは
しばらく、岸がコンクリで固められていました。
この辺りから蜘蛛の巣がすごく増えて、ちょっと油断すると
手や顔にひっかかってギャー!と叫んでました。
せっかくはった巣をつぶしてごめんなさいなのはこちらなのですが。



最後のほうは疲れてきたせいか、なんでもないところで2回こけました。
地下足袋+草鞋はとても軽くて、
重い登山靴で歩くのに比べると格段に楽ちんだったのですが、
水の中を歩くのはとても負荷がかかるのでした。

ふたたび自然の沢の風景を取戻し、目的地の大滝に到着。



かなりの落差と水量で、周りは涼しく、落ちてくる水は冷たいし痛い。
滝に当たって記念撮影。





遡行中は木漏れ日がして明るく、水もキラキラしていて
苔むした岩や木々のみどりがきれいで、いい感じでした。
ミンミンゼミやツクツクボーシも鳴いていて、
きれいなトンボやチョウも見ました。
天気がよく、水もそんなに冷たくなく、
場所によっては空気がぬるく感じられたりして、
濡れながら歩くのが快適でした。(この日、下界は猛暑だったそうです)

しかし、ときどき冷蔵庫とかアイスクリームの冷凍ケースらしきものとか
とんでもない産廃が捨てられていて、何とも言えない気持ちに。
まさか歩いて捨てに来るわけもなく、
並行する林道から投げ捨てるんだろうなあ…

引率してくれたみなさん、どうもありがとうございました~♪
帰ったら、ヘルメットでは隠れない首の後ろがとても日焼けしていました!
次回は首の後ろ対策を忘れないようにしたいと思います。

N尾

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。