ハイキングクラブELF

近畿を中心に活動する社会人のハイキングクラブELFの活動記録です

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-09-Mon-21-33

金剛山 妙見谷

7月8日(日)晴れ

金剛山の妙見谷は、山と高原地図によると、
沢登り初歩コースだそうです。
私はセミナーで沢に参加できなかったので
沢登りは全くの初心者で、
ほかのメンバーにアドバイスをもらいながら楽しんできました♪

河内長野駅から金剛山行のバス停には長蛇の列でした。
中高年に交じり若者も結構いました。
金剛登山口でバスを降りるとすでに空気が涼しくて驚きです!

滝への道は一昨日の雨でかなりぬかるんでいましたが、
沢沿いで空気が冷たく、快適でした。
汗はかきますがすぐに冷えるので、ちょっと休憩するとひやっとしてきて、
夏の登山とは思えないぐらいです。
妙見滝は水量も多く、マイナスイオンをたくさん吸収しました。
沢の水も5月の下見の時に比べるとだいぶ多かったそうで
ちょくちょく水に入りながら歩きました。
途中何か所か巻いたところもありましたが、
割と沢の中を歩いていたのでは、と思います。
山頂に近くなって沢がなくなると、途端に蒸し暑くなってきて
水の威力はすごいなと思いました。

山頂でお昼を食べて、帰りはセト~黒栂谷道から登山口へ。
帰りのバスは混んでいるかな~と思ったのですが
ガラガラで、冷房もそんなに効いておらず(行きは効きすぎて寒かった)
座って快適に帰れました♪

とにかく滑らないように、前の人の踏んだところを見て真似て、
というので集中して歩いていたためか、
歩行時間が少なかった割に、山頂についたときは足がぷるぷるでした。
昔セミナーで習ったような気がするトラバースとか三点保持とか
改めて思い出して、実りの多い山行でした。

かなり緊張しましたが、初めての沢、とても楽しかったです。
あの涼しさは驚きでした!
みなさん、どうもありがとうございました~。

歩くのに必死で写真は一枚もありません(笑)

NY

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。