ハイキングクラブELF

近畿を中心に活動する社会人のハイキングクラブELFの活動記録です

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-06-Tue-00-22

ポンポン山(10月例会)

2009年10月4日 晴れ
ポンポン山(高槻市~京都府) 679m 標高差619m

な、なんと今回の例会は
担当者2人+ELFメンバー1人+一般参加3名という寂しさでした!
でもお天気がよくてよい歩きになったと思います。

コースの半分くらいは舗装道路ですが、
木陰が多く、道もしっかりしていて全般に歩きやすかったです。
途中までは田んぼやその向こうの山並みを見ながら歩きます。
無人販売所がいくつかあったのですが、
行きは重いから帰りでいいや~と思ってたら
帰りはまったく売り切れ状態でした。がっくり。

最初はのんびり歩きでしたが
神峰山(かぶさん)寺を超えるとだんだん傾斜がついてきて
そこそこ歩き応えもあるかな?という感じに。
でも相変わらず舗装道路なんですよね。
本山寺を過ぎた辺りから待望の土の道です。
やっぱり疲れ方が違うので、土の道がいいですね。
この本山寺の鳥居にはなぞの注連縄のようなものがぶら下がっていました。
五穀豊穣を祈って毎年かけるんだったっけ?



ポンポン山の山頂は360度の見晴らしです。
でもアルプスのあとでは頂上の展望はさすがにちょっと・・・と。
ガイドブックで見たときは広い!と思っていたけど
そうでもなかったです。しかも人が一杯だった。
でもお天気だったのでかなり遠くまで見れましたね。
最近晴れ続きでうれしいな。

で、山頂から降りるのになんか、迷いました。
山頂からどっちに降りるかわからん・・・。
結局その辺の人にお聞きしまして、
もと来た道を少し降りてから道が分岐していると判明。
まさかポンポン山で迷うとは思わなかったので
(しかも頂上で)ちょっと自信をなくす私。
ガイドブックの地図ではその分岐がわからなかったのです・・・。
帰りの道は岩が多く、雨あがりでかなりすべりました。
土嚢もしっかり詰まれ、新しい手すりも出来ていたので
しっかり歩けば危険はないと思いますが。

帰りは三鈷寺に寄って、
西国三十三箇所札所の善峯寺は飛ばしました。
帰りのバスにちょうど間に合ったような記憶が・・・?
この三鈷寺からは京都の町が一望できるそうで、絶景でした。



特に東山にかかる中秋の名月を愛でる観月の宴がよろしいとかで
そういう催しがあるそうです。
来年はここで名月を見たいです。

ポンポン山は途中に適度に起伏もあり、山頂の展望もよいですが、
今回のコースはやや物足りなかったかもしれません。
もう少し土の道が多くて、しっかり歩きたいかな。

COMMENT

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。