ハイキングクラブELF

近畿を中心に活動する社会人のハイキングクラブELFの活動記録です

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-06-Sun-00-18

虚空蔵山(11月例会)

2009年11月22日(日) 曇りのち雨

三田市 虚空蔵山(596m) 標高差416m

3連休の中日でしたが、この日だけお天気が悪かったのでした・・・。
土曜日と月曜日は絶好のハイキング日和だったのにね!
働き盛りで?最近例会の集まりがイマイチなELFの面々ですが
この日は久しぶりの人も多くて、20名ぐらい集まったんではないかな。
10月に引き続いてFさんも一般参加してくださいました!

藍本駅から登山口までは田んぼや畑の間を通ります。
周りの山が赤や黄色にきれいに色づいていて
まさに紅葉狩りハイクといった趣きでした。
(山に入ってからはちょっと曇りがちでしたが・・・)



途中の虚空蔵堂で一休みし、
1時間ちょっとで山頂手前の丹波岩に到着。
ここは360度展望が開けていて、
六甲山系、淡路島もうっすらと見えました!
周りに同じくらいの高さの山がポンポンと点在していて
どれもいい感じの紅葉具合でした。
アルプスのような壮大さはないけれど、
のどかな里山の秋です。

岩の横に木のテーブルがあって
女性数名はそこに陣取り、
他のかたがたも適当に散ってお昼タイム。
登っているときはまだまだ暑いけど
立ち止まると風が冷たいです。
今回はなんと、例会担当のW’Sさんが
手作りのりんごのケーキを持参してくださいました!
ELFの女性陣は料理やお菓子好きが多いのですが
山で食べる甘いものっておいしいんですよね~!!
Wさんどうもありがとう~~。

お食事中に雲行きが怪しくなってきたので
帰りはショートカットルートに変更、立杭陶の郷に降りました。
駅までのバスが日に数本しかないので
工房を見学に行くグループと
窯元横丁を見学するグループに分かれ、しばらく待機。
見ると買いたくなるから見まいと思っていたのですが
結局念願の丼鉢を購入しました。
おかげさまでその後うどんや豚汁に大活躍です。
まだ丼は作っていません・・・。

バスで駅までついた後、
マイカー参加の私だけ逆方向の電車で藍本に戻りました。
その頃にはかなり本格的な降りで、
帰りの北六甲のあたりは霧も出ていて、
山道よりもドキドキでした。
電車組は梅田で反省会だったそうです。お疲れ様でした!
来月はお天気になるとよいですね~!!


(↑立杭陶の郷から少し歩いたところにある登り窯)

COMMENT

2009-12-06-Sun-00-20

追記

虚空蔵山の標識は立杭の陶器で焼かれているのです!
とてもかわいいです!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。